青年会議所とは? 

(JC:JUNIOR CHAMBERの頭文字)

 

1949年、明るい豊かな社会の実現を理想とし、責任感と情熱をもった青年有志による東京青年商工会議所(商工会議所法制定にともない青年会議所と改名)設立から、日本の青年会議所(JC)運動は始まりました。 共に向上し合い、社会に貢献しようという理念のもとに各地に次々と青年会議所が誕生しました。

“明るい豊かな社会”の実現を同じ理想とし、「修練」「奉仕」「友情」の三つの信条のもと、次代の担い手たる責任感をもった20歳から40歳までの指導者たらんとする青年の団体です。人種、国籍、性別、職業、宗教の別なく、自由な個人の意志によりその居住する各都市の青年会議所に入会できます。

1951年には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設けられました。60年以上の歴史をもつ日本の青年会議所運動は、めざましい発展を続けており、現在709の都市に約36,500名の会員を擁し、ボランティアや行政改革等の社会的課題に積極的に取り組んでいます。

 

 

青年会議所の特性とは?

 

青年会議所は、20歳から40歳までという年齢制限を設けています。会員は40歳を超えると現役を退かなくてはなりません。この年齢制限が青年会議所最大の特性であり、常に組織を若々しく保ち、果敢な行動力の源泉となっています。

また、各青年会議所の理事長をはじめ、すべての任期は1年に限られます。会員は1年ごとにさまざまな役職を経験する機会を得ることで、豊富な実践経験を積むことができ、自己修練の成果を個々の活動にフィードバックさせていくことができます。

青年会議所におけるさまざまな実践トレーニングを経験した活動分野は幅広く、OBも含め各界で社会に貢献しています。たとえば国会議員をはじめ、知事、市長、地方議員などの人材を輩出し、日本のリーダーとして活躍中の方も多くいらっしゃいます。

 

日本JCによる紹介動画は こちらへ